2016年01月12日

JOC専務理事、副会長職辞任へ 報酬「還

国庫補助金と所属競技団体の負担による専任コーチの報酬の一部が寄付の形で競技団体に「還流」していた問題で、日本オリンピック委員会(JOC)の市原則之専務理事が27日、兼務する副会長職を辞任する意向を固めた. 専務理事にはとどまるという. JOCは不適切な寄付があった水泳、柔道、ボートを出身母体とする理事への厳重注意、幹部職員の降格などを検討しており、この日の理事会で処分を決める. この問題ではJOC第三者特別委員会が調査報告書を26日に発表し、国庫補助対象の専任コーチから11団体、日本スポーツ振興センターの助成対象のスタッフから3団体が寄付を受け、本来の負担分を逃れていたとして、JOCについても「寄付を認識しながら放置し、結果的に黙認していて組織として責任がある」と指摘した. 午前】10時、JR東京駅. 11分、のぞみ23号で同駅発. 手塚首相補佐官同行. 【午後】1時30分、JR岡山駅. 2時10分、岡山市東区の医療機器メーカー「ナカシマメディカル」. 人工関節製品などを視察. 3時50分、広島県福山市のシャープ福山工場. LED製品などを視察. 4時39分、報道各社のインタビュー. 6時31分、広島市南区のグランドプリンスホテル広島. 7時29分、同市南区のお好み焼き店「吉」. 民主党の松本大輔、三谷光男各衆院議員らと食事. 手塚補佐官同席. 9時52分、同市南区のグランドプリンスホテル広島. 同ホテルに宿泊. アニメ映画『映画プリキュアオールスターズDX2 希望の光☆レインボージュエルを守れ! (以下、映画プリキュアオールスターズDX2)』のBlu-ray Disc/DVDの特装版に付属する、封入特典の画像が明らかになった. 『映画プリキュアオールスターズDX2』は、ABC・テレビ朝日系列で毎週日曜日に放送されている『プリキュア』シリーズの劇場アニメ. 最新作『ハートキャッチプリキュア! 』に登場するキュアブロッサムとキュアマリンを加えた17人の歴代プリキュアが一堂に会し、海に浮かぶ妖精たちのテーマパークを舞台に大活躍する. 本作のBlu-ray Disc/DVDが7月21日に発売されるのは、 5月10日の記事 でお伝えした通り. 記事中でも触れていた、BD/DVD特装版の封入特典となる"17jewelsレターセット"の画像が公開されたので紹介する. 特典の"17jewelsレターセット". 17人全員のイラストが使われた、17枚つづりの便せんになっている. このレターセットに使用されているイラストは、映画公開時に新宿駅に掲示されたポスターのイラストをリサイズしたもの. 17人全員の便せんはもちろん、歴代シリーズをイメージしたかわいいシールや、シプレとコフレが描かれた封筒も付属する. 劇中でも、シプレとコフレの手紙をキッカケに物語が始まるだけに、本作にピッタリの特典といえるだろう.
posted by AizawaNona at 11:41| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年01月10日

ホー川絵美ムレス中学生』

原作は未読ながらも須磨でロケが行われたと聞いて見てみましたが、よくある原作が大ヒットしたから映画は手抜きといった感じの「なんだかなぁ~」な作品でした. 主役3人が関西出身ということで会話の「間」は関西なんですが、「ノリ」が関西じゃないんですよね. 映画のテンポはちょっとゆっくりで関西独特の勢いがないですし、関西ならではの小ネタも少なすぎます. そして何よりも重要なキーワードでもある「食べ物」の見せ方が下手すぎます! 全然おいしそうに見えないどころか、逆に映画の中で一番浮いていたように思えましたよ. 差し押さえにあった自宅に兄弟3人が順に帰ってくるシーンでのやりとりから会話に関しては関西色が非常に濃かったのですが、この映画は鳩にエサをやっていた笑福亭松之助師匠が懐かしい近鉄バファローズの帽子を被っていたような小ネタが少なすぎるんですよね. 撮影時期が冬場ということで夏休みシーンが沖縄ロケのためか「サンガリア」とプリントされた自販機がないのも残念ですし、だいたいナニワのモーツアルトの出演シーンがあれだけっていうのがヒドすぎます. 西田探偵事務所の最高顧問ですよ! 扱いがぞんざいすぎますよ. また10円玉、じゃなくて茶色、でもなくて茶村クン、でもなくて田村クンが友達の家でご馳走になった味噌汁やミンチカツ、お兄さんと一緒に食べた牛丼、お姉さんが作り置きしてくれたおにぎりなどがおいしそうに見えないのも非常に残念なところ. お姉さんが3人でまた食事できる日が来たことに感涙していた思いも描ききれていないですし、そもそもああいうシーンを入れるなら観客の食欲をそそるくらいの演出にしないとダメですよ. ただこの映画を見て思ったのはやっぱり関西人っておもろい生き物だな~ということ. 普段は損得感情で生きているくせに人情は熱いんですよね. 冷静に考えたらタダ飯を食べさせてあげても何の得もないのに、「もっと食べ」とか「遠慮なんかしたらあかん」とか言ってくれるんですもん. そういうたくさんの優しい人たちに巡り合えた田村クンは本当に幸せ者だと思いましたよ. ちなみに関西人に人情が熱い理由を聞くと「心が損するのが嫌だから」という答えが多いんです. ってやっぱり損得感情かい! あと個人的には麒麟の2人にカメオ出演してほしかったのもありますが、後半田村クンが自転車で帰宅する須磨ロケのシーンがめちゃくちゃだったのも残念でした. だって小池徹平クンが立ちこぎし始める場所って、その後のお兄さんが電車の中から弟の姿を見かける陸橋よりも大阪側にあるんですもん. また神戸から吹田まで自転車であんな短い時間で帰ることも絶対に不可能. もう一つ言わせていただければロケ場所から推測するにお兄さんが電車に乗られた場所はJRと山陽電鉄が隣接している塩屋駅. ならばなぜに安価なJRを選ばずに山陽電鉄に乗る? その辺り原作はどうなっているのかは分かりませんが、地元の人間や縁のある人間は見逃しませんで! 深夜らじお@の映画館 は麒麟も好きですが、今はNON-STYLEの方が好きです. 関西の映画ファンの方はもうお気づきだと思いますが、秋の改変期を迎え昨日から新しいラジオ番組が始まっているなか、今回もまた我らが「ABCアシッド映画館」の復活は実現しませんでした. まぁ一度終わった番組が復活するのはそう容易ではないので仕方ないのですが、この秋の改変期で「アシッド映画館」が復活できなかったということはもちろん今年もアシッド映画館主催のシネマグランプリの放送はございません. という訳で僭越ながら昨年に引き続き今年も当ブログがシネマグランプリを引き継ぎたいと思います. ルールなど詳細についてはまた11月になってから、 専用ブログ の方で記載させていただきますが、基本的には 昨年と同じ内容 でいきたいと思います. 思い返してみれば昨年は11月半ばに引継ぎを宣言させていただき、多くの方のご協力で30人のアシッドリスナーさんにご参加していただきましたが、正直なところ宣伝期間が短かったなぁ~という反省はあったのです. しかもインターネットというだだっ広い大海の中からアシッドリスナーさんを探し出すという作業は思った以上に大変. なので今年は既に「アシッド映画館」の復活がないと分かった時点で動き出そうと思いまして、ここに今年も引継ぎを宣言させていただいたので、できればこのブログに遊びに来ていただいたアシッドリスナーのみなさん、宣伝の方を何卒よろしくお願いします. 特に今年は昨年よりもツイッターがより利用者を増やしているため、そちらの方でも是非お願いしたいのです. ちなみに私は昨年から多くの方々にツイッターを始めるようにお声を掛けていただいているのですが、未だに始められていません. まぁ頑張ってやってみようと思うのですが、正直なところ諸事情あってまだまだ時間が掛かりそうです. という訳で募集開始まで約1ヶ月半、シネマグランプリ発表まで焼く2ヶ月半ありますが、今年も年末は多くのアシッドリスナーさんと今年の映画を振り返れるように、是非よろしくお願いします. 深夜らじお@の映画館 は永遠にアシッドリスナーです. ※お知らせとお願い ■ 【元町映画館】 8.21より開館! ■ 【ABCアシッド映画館】 の復活を.
posted by AizawaNona at 13:26| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年01月05日

官邸、被災地忘れない 復興にかける人々の

首相官邸の玄関ホールで、東日本大震災で被災した自治体の職員やボランティアらが撮影した写真が展示されている. 仮設住宅で赤ちゃんのマッサージをする母親の写真など30点で、11日まで掲げられる. 昨年9月以降、被災地から投稿された約500枚を官邸ホームページで掲載しており、この中から選んだ. 野田佳彦首相は朝、官邸入りする際に立ち止まって眺め、「復興にかけた人々の思いや息づかいが伝わる. (復興の)スピードアップをして全力でがんばっていきたい」と語った. 第2日、体操男子 予選】 いすにもたれかかって、エース内村航平が吐息をはく. ここまで、ミスが続くのが五輪なのか. 2大会ぶりの団体金メダルを目指す日本男子が、大きくつまずいた. 「早く試合がしたい」. そう語っていた. チーム、本人の状態がよかった. だが、はやる気持ちがマイナスに働いた. 最初の鉄棒で悪い流れが始まった. 一番手の田中和仁が、右手が外れ演技を中断するミス. 3番手の内村も離れ技のコールマンで落下. 4番手の田中佑典も、離れ技のコバチでバーをつかめず、背中から落ちた. ゆか、あん馬でも流れは止められない. あん馬では田中和が2度の落下. 内村も旋回で落下し、着地もミスをした. 予選とはいえ、一発勝負. 複数メダルを狙っていた内村にとっては厳しい結果となった. 鉄棒は15.000点. あん馬は12点台. 昨年の世界選手権東京大会のつり輪メダリストの山室光史も日本勢の中で最下位に沈み、決勝を逃した. 止まらない負の連鎖. 270.503点で第2班を終えて3位. 上位8チームが進む30日の団体決勝に残ることはできそうだが、内村は個人総合のトップ通過を逃した. 課題多き、予選となった. (藤島真人).
posted by AizawaNona at 15:21| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。