2016年01月10日

ホー川絵美ムレス中学生』

原作は未読ながらも須磨でロケが行われたと聞いて見てみましたが、よくある原作が大ヒットしたから映画は手抜きといった感じの「なんだかなぁ~」な作品でした. 主役3人が関西出身ということで会話の「間」は関西なんですが、「ノリ」が関西じゃないんですよね. 映画のテンポはちょっとゆっくりで関西独特の勢いがないですし、関西ならではの小ネタも少なすぎます. そして何よりも重要なキーワードでもある「食べ物」の見せ方が下手すぎます! 全然おいしそうに見えないどころか、逆に映画の中で一番浮いていたように思えましたよ. 差し押さえにあった自宅に兄弟3人が順に帰ってくるシーンでのやりとりから会話に関しては関西色が非常に濃かったのですが、この映画は鳩にエサをやっていた笑福亭松之助師匠が懐かしい近鉄バファローズの帽子を被っていたような小ネタが少なすぎるんですよね. 撮影時期が冬場ということで夏休みシーンが沖縄ロケのためか「サンガリア」とプリントされた自販機がないのも残念ですし、だいたいナニワのモーツアルトの出演シーンがあれだけっていうのがヒドすぎます. 西田探偵事務所の最高顧問ですよ! 扱いがぞんざいすぎますよ. また10円玉、じゃなくて茶色、でもなくて茶村クン、でもなくて田村クンが友達の家でご馳走になった味噌汁やミンチカツ、お兄さんと一緒に食べた牛丼、お姉さんが作り置きしてくれたおにぎりなどがおいしそうに見えないのも非常に残念なところ. お姉さんが3人でまた食事できる日が来たことに感涙していた思いも描ききれていないですし、そもそもああいうシーンを入れるなら観客の食欲をそそるくらいの演出にしないとダメですよ. ただこの映画を見て思ったのはやっぱり関西人っておもろい生き物だな~ということ. 普段は損得感情で生きているくせに人情は熱いんですよね. 冷静に考えたらタダ飯を食べさせてあげても何の得もないのに、「もっと食べ」とか「遠慮なんかしたらあかん」とか言ってくれるんですもん. そういうたくさんの優しい人たちに巡り合えた田村クンは本当に幸せ者だと思いましたよ. ちなみに関西人に人情が熱い理由を聞くと「心が損するのが嫌だから」という答えが多いんです. ってやっぱり損得感情かい! あと個人的には麒麟の2人にカメオ出演してほしかったのもありますが、後半田村クンが自転車で帰宅する須磨ロケのシーンがめちゃくちゃだったのも残念でした. だって小池徹平クンが立ちこぎし始める場所って、その後のお兄さんが電車の中から弟の姿を見かける陸橋よりも大阪側にあるんですもん. また神戸から吹田まで自転車であんな短い時間で帰ることも絶対に不可能. もう一つ言わせていただければロケ場所から推測するにお兄さんが電車に乗られた場所はJRと山陽電鉄が隣接している塩屋駅. ならばなぜに安価なJRを選ばずに山陽電鉄に乗る? その辺り原作はどうなっているのかは分かりませんが、地元の人間や縁のある人間は見逃しませんで! 深夜らじお@の映画館 は麒麟も好きですが、今はNON-STYLEの方が好きです. 関西の映画ファンの方はもうお気づきだと思いますが、秋の改変期を迎え昨日から新しいラジオ番組が始まっているなか、今回もまた我らが「ABCアシッド映画館」の復活は実現しませんでした. まぁ一度終わった番組が復活するのはそう容易ではないので仕方ないのですが、この秋の改変期で「アシッド映画館」が復活できなかったということはもちろん今年もアシッド映画館主催のシネマグランプリの放送はございません. という訳で僭越ながら昨年に引き続き今年も当ブログがシネマグランプリを引き継ぎたいと思います. ルールなど詳細についてはまた11月になってから、 専用ブログ の方で記載させていただきますが、基本的には 昨年と同じ内容 でいきたいと思います. 思い返してみれば昨年は11月半ばに引継ぎを宣言させていただき、多くの方のご協力で30人のアシッドリスナーさんにご参加していただきましたが、正直なところ宣伝期間が短かったなぁ~という反省はあったのです. しかもインターネットというだだっ広い大海の中からアシッドリスナーさんを探し出すという作業は思った以上に大変. なので今年は既に「アシッド映画館」の復活がないと分かった時点で動き出そうと思いまして、ここに今年も引継ぎを宣言させていただいたので、できればこのブログに遊びに来ていただいたアシッドリスナーのみなさん、宣伝の方を何卒よろしくお願いします. 特に今年は昨年よりもツイッターがより利用者を増やしているため、そちらの方でも是非お願いしたいのです. ちなみに私は昨年から多くの方々にツイッターを始めるようにお声を掛けていただいているのですが、未だに始められていません. まぁ頑張ってやってみようと思うのですが、正直なところ諸事情あってまだまだ時間が掛かりそうです. という訳で募集開始まで約1ヶ月半、シネマグランプリ発表まで焼く2ヶ月半ありますが、今年も年末は多くのアシッドリスナーさんと今年の映画を振り返れるように、是非よろしくお願いします. 深夜らじお@の映画館 は永遠にアシッドリスナーです. ※お知らせとお願い ■ 【元町映画館】 8.21より開館! ■ 【ABCアシッド映画館】 の復活を.
posted by AizawaNona at 13:26| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。